日別: 2018年1月12日

時間節約で会社設立を

煩雑ではあれ、自分でもできる会社設立手続を、会計事務所など会社設立代行手続を利用して行うことの大きな利点は時間が節約できることです。ビジネスのアイデアを考えたり、顧客を開拓したりと、本来の業務に集中することができれば、会社設立をスピーディに行えるだけでなく、その後の順調な経営にもつながっていきます。

名刺会社設立代行手続は司法書士、行政書士、会計事務所(税理士)が行う業務。それぞれに業務範囲が異なりますが、その中で会計事務所に会社設立代行を依頼するメリットは、税務の視点でアドバイスをしてくれるということ。また、行政書士、司法書士が会社設立代行のみを行うのに対して、会社設立後もお金に関してアドバイスをしてくれる、ということです。会社経営において、お金のことを相談できるプロが身近にいることはとても重要。なので、会計事務所が行う会社設立代行サービスは、手続費用が安い代わりに顧問契約を結ぶことが条件になっていることが多いのです。会社設立前から節税や資金繰り対策を行ってもらえば、その後の経営も順調にいきやすいもの。会社設立は存続することが最も大きな目的だからこそ、信頼できる専門家が設立時から支援してくれることは、その後に大きな強みになっていくのです。

起業ブームに流されず会社を運営していくために、会計事務所などのプロの知識を活用して、長く続く会社を作っていきましょう。