株式会社設立について

日本で会社といえば「株式会社」。会社を設立しよう、を思ったら、「株式会社の設立」をイメージする人が多いのではないでしょうか。でも、そのほかにも会社にはいろいろな種類があるのをご存知ですか?

会社会社の種類は主に4つ。株式会社、合同会社、合資会社、合名会社です。最近設立される会社は、株式会社と合同会社がほとんど。合資会社と合名会社は、他の会社より責任が大きく、万が一の場合、出資金より大きな金額を支払わねばならないからです。株式会社と合同会社のち外は、出資した人が経営に携わるかどうか。株式会社は、基本的に出資者と経営者が異なり、合同会社は出資しただけで経営します。合同会社は経営内容を自分たちで自由に定めることができ、設立のための手続きが簡単で、費用も安いのがメリット。設立費用だけを見ると、10万円ほど安く手続きできます。しかし、知名度はまだ低いため、取引相手によっては、敬遠されることもあります。一方で、株式会社は歴史が長いため、社会的信用力が大きいのがポイント。大きな仕事を受注できたり、資金調達がしやすかったりします。経営の自由度を重視するなら合同会社、社会的信用力をつけて会社を大きくすることを重視するなら株式会社を選ぶべきでしょう。

あなたが株式会社を設立するなら、会社設立手続きは、会社設立代行サービスを活用するのもオススメです。なぜなら、事務所探しや社員の雇用、資金調達など、やらなければならないことがかなり多い創業時、素人にはわかりにくい会社設立手続きを任せれば、安心して事業についてじっくり考えられるから。また、会社設立時だからこそできる、設立後に必要な税金や組織づくりについてのアドバイスを受けることもできます。

このサイトでは、株式会社設立の手続と、その際に利用したい、会計事務所の会社設立サービスを紹介します。